ホーム >>ニュースリリース
 
2016 交通銀行杯 在日華人バドミントン公開試合結果
2015 交通銀行杯 在日華人バドミントン公開試合結果
交通銀行東京支店は在日華人のスポーツイベントに共催し、バドミントン大会を開催
東京支店と東京中華総商会は顧客交流研修会を合同開催
東京支店は東京日本橋の新オフィスビルに移転
侯維棟副頭取が東京支店に来訪および指導
北海道銀行と業務提携
于亜利副頭取が東京支店に来訪および指導
東京支店と日本不動産投資クラブがセミナーを開催
東京支店マラソン部がリレーマラソン大会に参加
東京支店と取引企業がバドミントン交流試合を共同開催
交通銀行東京支店は「2012東京中国文化祭」に参加
交通銀行円決済センターがオープン
交通銀行、山梨中央銀行と提携
交通銀行の長期信用格付けを引き上げ
交通銀行、大分銀行と提携 。中国進出を目指す企業を後
押し
 
中国駐日特命全権大使程永華と公使呂克倹一行が東京支店を訪問 。表敬指導を行う
 
交通銀行が新サービス開始で中日間経済往来に寄与
 
交通銀行が新サービス開始で中日間経済往来に寄与

日本経済新聞 2011年7月14日   配信

(前文)
交通銀行は中国5大銀行の1つで、最も古い歴史を持ちながら、改革開放路線の先陣を切って株式を公開してきた。同行は信託、リース、保険、証券各部門の子会社も有する総合金融機関として幅広い業務をグローバルに展開している。東日本大震災後の日本復興を信じて、個人向け不動産ローンの取り扱いも新たに開始した東京支店の夏慧昌支店長に、日本国内での業務展開について聞いた。
(前文トメ)

(本文)
東日本大震災により被災された皆様には、心からお見舞い申し上げるとともに、被災地域の1日も早い復興をお祈り申し上げます。交通銀行東京支店では、日常業務を通じて日本の復興と経済回復に貢献したいと考え、日々さまざまな業務を行っています。

103年の歴史を持つグローバル金融機関
──交通銀行は中国5大銀行の1つで、創立が1908年と最も古い歴史を持持っています。つ銀行です。「交通」という中国語には通信も含まれているのですね。
中国の近現代史の中で、交通銀行はそれぞれの時代に大きな役割を果たしてきた特別な存在です。設立当初は主に海運、陸運、郵便、電信などにおける産業界の資金需要を担う政府資本の興業銀行で、中華民国時代には発券銀行の1つでした。49年の中華人民共和国建国後、当行は香港支店を除いて中国人民銀行に編入されましたが、87年に株式制の大手総合銀行として再建され、競争概念を中国金融界に導入する役割を果たしてきました。
2005年には香港証券取引所に株式上場し、中国本土で初の海外での株式上場銀行となりました。07年には上海A株にも上場しています。現在では運輸と通信に限らず、あらゆる金融サービスを提供するグローバル メガバンク グループとして成長を続けています。
──10年のフォーチュン グローバル500では第440位。にランクインし、フォーブス グローバル2000では第96位、銀行部門では第25位にランキングされました。昨年度および足下の業績についてお聞かせください。
11年3月期末現在、交通銀行の資産総額は4.128兆元(約6380億米?)、不良債権比率は1.05%、貸倒引当金対不良債権比率は197.83%です。11年第1四半期の純利益は132.8億元、年換算総資産利益率(ROA)は1.32%、株主資本利益率(ROE)は23.14%です。
当行は現在、アジアにおけるハブともいえる上海に本店を置き、中国国内220以上の都市に2643の拠点を持っています。また、香港、ニューヨーク、東京、シンガポール、ソウル、フランクフルト、マカオ、ホーチミン市に支店が、ロンドン、シドニー、台北に駐在員事務所があります。銀行業務を中心に、グループ子会社を通じて保険、証券、リース、信託業務など多岐にわたる金融サービスをグローバルに展開しています。

国境越える人民元決済で先駆ける
──東京支店での主な業務についてお聞かせください。
東京支店の設立は95年で、当行の海外支店では2番目、中国大陸系の在日支店としても2番目でした。設立後は在日中国系企業や華人、華僑企業との取引だけでなく、中国に進出する日系企業も主要顧客として、貿易手形の決済や資産管理、中国国内での情報ネットワーク網を生かした現地での資金調達やアドバイス業務などを手がけてきました。
交通銀行は、人民元を決済通貨とする「クロスボーダー人民元決済」の試行段階から、中国人民銀行とともに理論研究を進めてきた銀行であり、2009年に世界初となるクロスボーダー貿易人民元決済を実施した銀行でもあります。クロスボーダー人民元業務には、人民元建て決済はもちろん、輸出入の荷為替取引における信用状の開設、通知、取り立て、代金立替払い、前受け、貿易融資なども含まれます。
東京支店は人民元業務のすべてを行うことが可能であり、最近では地方銀行や信用金庫など、日本の中小金融機関との取引も急増しています。また、中国に進出する日系中小企業でも、当行のネットワークやリスク情報などの付加サービスを利用するだけでなく、クロスボーダー人民元決済を活用することで、為替リスクの軽減、両替手続の省略、財務コストの圧縮、中国政府による優遇措置の恩恵、人民元建て資産の管理、運用効率の向上などの利益を享受するケースを高める会社が増えてきています。

震災後に個人向け不動産ローン業務を開始
──リテール部門では、特別優遇金利の「大口ドル定期預金」や「円定期預金」などの預金サービスを実施しされています。この時期に個人向け不動産ローン業務を開始しされたのはなぜですか。
不動産ローンに関しては、過去数年間に中国人をはじめとする外国人顧客の日本国内不動産に対する購入資金ニーズが高まっていることが背景にあります。おり、昨年下半期に市場調査を行った上で、今年第1四半期から住宅ローンをはじめとする個人向け不動産ローン業務を開始する予定でしたが、。しかし、東日本大震災の影響が投資家の足かせとなったこともあり、一時は計画続行に対する懸念が出たというのも事実です。
私自身は、日本の震災後の復興、経済回復および不動産市場の長期的な発展を信じており、この新しい業務の開始により日本の復興と経済回復に貢献したいという強い思いがありました。なによりも東京支店は日本市場において長期的な営業と発展に注力しており、不動産ローンはその要となるでしょう。いるわけですから、この新しい業務の開始により日本の復興と経済回復に貢献したいという強い思いがありました。外国人投資は日本経済の復興には不可欠だと私は考えています。中日間の経済往来の増大に、私たち交通銀行東京支店が少しでもお役に立てればと願っています。

(日本経済新聞社掲載許諾済)

お問合せ | サイトマップ | リンク集 | Rules
 
Copyright (C) 2011 BANK OF COMMUNICATIONS TOKYO BRANCH, All Rights Reserved.