ホーム >>東京支店における外貨現金(米ドル・人民元)業務開始

 交通銀行東京支店
営業部
2015年10月20日

 

 

東京支店における外貨現金(米ドル・人民元)業務開始

 

 

  東京支店開業20周年および移転1周年を迎え、お客様のニーズにお応えした商品の拡充を図る取組として、米ドルと人民元の外貨現金業務を新たに開始いたしました。

  外貨現金取扱内容:
    1. 米ドル、人民元現金の売買
    2. 米ドル、人民元現金でのお預入れ・お引出し
    3. 米ドル、人民元現金による海外送金
   
(現在、人民元建て取引は中国外貨管理局の規制により、中国国内の個人向け『非外貨決済口座』へのご入金は取り扱うことができません。)

 

  両替業務及び送金業務を取り扱うにあたり、下記取扱説明にご注意ください。

  1. 外貨現金の取扱可能通貨:米ドル、人民元
   ※現在のところ外国硬貨はお取扱いいたしません。

  2. 外貨現金から円貨現金に両替または外貨現金による入金額が1回あたり2万人民元相当額超または5万米ドル相当額超の場合は、原資証明或いは税関申告控の提示をお願いしています。

  3. 円貨現金から外貨現金に両替をする場合、旅行ビザを保有している外国人のお客さまは1回あたりの人民元販売額は2万人民元以下といたします。在留カードまたは日本の旅券を保有されているお客さまは1回あたりの両替金額が200万円を超える場合は、原資証明の提示をお願いしています。(当行に預金されている資金をもって外貨現金を購入する場合は、この限りではありません。)お客さまが500万円超の現金を持参した場合は、原則お客さまに他行で出金された控えの提示をお願いしています。

  4. 取扱い可能下限額及び金種
  (1)お客さまから外貨現金を買取る場合、紙幣のみ取扱い可能です。最低取引金額及び額面について制限は設けておりません。
  (2)お客さまへ外貨現金を販売する場合、販売額は以下の通りです。
    a.人民元の下限額は10元、金種は10、20、50、100元です。
    b.米ドルの下限額は1米ドル、金種は1、5、10、20、50、100米ドルです。

  5. お客さまが当日1回あたり2万人民元超或は5000米ドル超の外国通貨売買取引を行う場合は、両替お申込み日の2営業日前までに当行へご連絡ください。当行がご提供できる外貨現金の金種は当行の在庫によります。


  ※詳しくは店頭窓口へお問い合わせください。▷▷▷▷▷ TEL:03-6822-9966
 

 

 
 
         

 

 

お問合せせ | サイトマップ | リンク集 | Rules
 
Copyright (C) 2000 BANK OF COMMUNICATIONS TOKYO BRANCH, All Rights Reserved.